一発合格!日商PC検定文書作成3級の勉強方法をご紹介

出典元:ゲッティ・イメージズ・セールス・ジャパン合同会社

日商PC検定文書作成Basicに合格することができたら、次に日商PC検定文書作成3級の受験を検討している方も多いのではないでしょうか。Basicに比べると難易度は高くなると言われていますが、具体的に合格するためにはどんな勉強をするといいのでしょうか。これから日商PC検定文書作成3級の受験を検討している方のために、オススメの勉強方法についてご紹介したいと思います。

日商PC検定文書作成3級とは?

そもそも日商PC検定文書作成3級とはどのような試験なのでしょうか。試験の内容について知るためにも、ここでは概要から合格率、難易度までをご紹介したいと思います。

試験の概要

日商PC検定文書作成3級は、指示に従ってビジネス文書や既存文書を用いて正確にビジネス文書を作成することができるかについて評価される資格試験となっています。Basicに比べると少し難しくなりますが、日商PC検定文書作成3級も基本的には基礎内容が多くなっているので、参考書などでしっかりと勉強しておけば合格することができるでしょう。

日商PC検定文書作成3級から試験科目が増え、意識と実技の2つを受験しなければなりません。実技では、Wordの訂正入力や表の行削除、追加、挿入、適切な語句の挿入などについて問われる内容が多くなっています。また、知識試験ではビジネス文書の作成に関する最低限の知識を勉強しなければなりません。出題範囲はBasicと比べると広くなりますが、基本的なことが多いので、参考書や問題集を使って勉強すれば問題なく対策ができます。試験時間は知識試験が15分、実技試験が30分となっており、合格するためには実技、知識共に70%以上の正解率となっていなければなりません。70%以上の正解率となるように事前に勉強をしておきましょう。

日商PC検定文書作成3級を受験する際には5,140円の受験料が必要です。受験資格はなく、誰でも受験可能なのでWordの知識を身につけたい方は日商PC検定文書作成3級に挑戦してみてはいかがでしょうか。

合格率

日商PC検定文書作成3級の受検者数は数万人ほどおり、多くの方が受験しています。合格率はその年によって異なりますが、毎年約80%程度の受験生は合格しています。

難易度

日商PC検定文書作成3級は約80%以上の受検者が合格しているので、それほど難易度が高い試験ではありません。日商PC検定文書作成3級は基本的な内容が多い試験となっているので、重要ポイントを勉強して理解していれば実務未経験者でも合格することができるでしょう。

日商PC検定文書作成3級取得にむけた勉強方法の紹介

日商PC検定文書作成3級に合格するためには勉強方法を知ることが大切です。ここでは具体的に日商PC検定文書作成3級取得に向けた勉強方法を紹介するので、効率よく勉強をしたい方は参考にしてください。

公式のテキストを活用して対策しよう

日商PC検定文書作成3級には公式テキストが販売されています。日商PC検定文書作成3級に挑む方は独学で勉強する方も多いと思うので、できる限り公式テキストを活用した勉強をオススメします。具体的に公式テキストには重要ポイントの解説もありますし、練習問題もあるので、勉強もしやすくなっています。特にテキストを使って勉強したい方は公式サイトで販売されているのでチェックしてみてください。

問題集を使って対策をしよう

日商PC検定文書作成3級からは知識問題も出題されます。すべて選択問題となっているため勉強は全て問題集を使ってひたすら解くようにしてください。知識試験では合計15問しか出題されませんが、できれば公式問題集を一通り勉強しておいた方が安心でしょう。

スキマ時間はスマホアプリを活用しよう

現在、スマホを利用している方がほとんどだと思いますが、試験の勉強ためにアプリを出している資格試験も多数存在しています。日商PC検定文書作成3級もその中の1つで、スマホアプリを活用することで問題を解くことができます。スマホアプリを利用するシーンとしては、通勤通学の時間帯の勉強、外出先などスキマ時間を使って勉強したい方にオススメです。スキマ時間も日商PC検定文書作成3級の勉強をしたい方は利用してみてください。

日商PC検定文書作成3級合格までの勉強時間の目安

日商PC検定文書作成3級にはどのくらいの勉強時間で合格できるのか気になっている方も多いのではないでしょうか。勉強時間の目安としては約30時間程度と言われています。既にBasicに合格している方なら10時間や20時間程度の勉強量でも合格できる可能性もあります。Basic同様、それほど多くの勉強時間は必要ないと言われていますが、人それぞれ勉強時間は異なるので、あくまでも目安として参考にしてください。

日商PC検定文書作成3級試験におすすめの参考書&問題集

日商PC検定文書作成3級にオススメの参考書と問題集を紹介するので、選び方が分からない方は参考にしてください。

日商PC検定試験 文書作成 3級公式テキスト&問題集 Word 2013対応

日商PC検定文書作成3級の対策をするなら持っておいた方がいいと言われているテキストが「日商PC検定試験 文書作成 3級公式テキスト&問題集 Word 2013対応」です。参考書と問題集がセットになっているので、1冊で日商PC検定文書作成3級の対策ができます。内容も分かりやすく、勉強しやすい内容となっているので、これから日商PC検定文書作成3級の勉強を始める方は利用してみてください。

日商PC検定試験 文書作成・データ活用・プレゼン資料作成 3級知識科目 公式問題集

日商PC検定文書作成3級のみならデータ活用、プレゼン資料作成にも活用できる知識問題に合格するための問題集です。1冊で知識試験の対策ができるので、日商PC検定文書作成3級を受験するなら購入をオススメします。

3級に合格したら、次は2級を目指そう!

日商PC検定文書作成3級に合格したら実務レベルの2級に挑戦してみてはいかがでしょうか。Wordは奥が深く、2級まで合格することができれば就職活動の際にも有利となる可能性があります。合格できれば高いスキルレベルを証明できるので、日商PC検定文書作成3級の勉強をして合格した人は、2級にもチャレンジしてみてください。

資格を取得したら、腕試しをしてみませんか?

日商PC検定文書作成3級に合格したら、一度実務にチャレンジしたい方もいるのではないでしょうか。実務にチャレンジしたいと思っている方はPROsheetLancersTopの利用をオススメします。これらのサービスは実務に挑戦したい方向けに様々な案件を用意しています。登録も簡単で誰でも手軽に挑戦できるサービスなのでオススメです。

まとめ

日商PC検定文書作成3級は基本的な内容が多い試験なので、基礎を中心に勉強すれば誰でも合格することができます。ここではおすすめの勉強方法なども紹介しましたが、特に公式テキストは勉強に活用できるので、これから日商PC検定文書作成3級の勉強を始める方は利用してみてください。