知りたい!LPIC-1 102の難易度は?

出典元:ゲッティ・イメージズ・セールス・ジャパン合同会社

LPIC-1 102試験の受験を検討している人の中には、難易度を知ってから受験するか決めようと思われている方もいるでしょう。今回は、LPIC-1 102試験の難易度を詳しくご紹介しますので、自分で合格できそうな試験かどうかチェックしてみて下さい。

LPIC-1 102とは?

LPIC-1 102試験とは、Linuxシステムの基本操作や管理力を試す試験で、LPI-Japanが実施しています。LPIC-1 102試験は世界的に実施されており、特に日本で有名な試験です。そのため、毎年多くの人がスキルアップを目指すために受験しています。

LPIC-1 102試験の概要

LPIC-1 102試験の概要を詳しくご説明していきます。

試験内容

主にLPIC-1 102試験では、ユーザーインターフェイス、管理業務、重要システムサービス、シェルやスクリプト及びデータ管理、ネットワークの基礎、セキュリティなど幅広い分野が出題範囲に含まれます。一部キーボード入力が含まれますが、CBT方式が採用されています。試験日や会場は自分で決められますので、都合のいいタイミングで受験ができる試験です。

受験者数

LPIC-1 102試験の受験者数は公表されていません。

 

受験料

LPIC-1 102試験の受験料は16,200円(税込)です。

試験時間

試験時間は90分です。アンケート時間も含まれますので、問題は実質85分で解かなければなりません。

出題数

出題数は約60問です。

合格基準

合格基準は65%〜75%得点率を獲得することです。合格基準の得点率は変動する可能性がありますので注意して下さい。

LPIC-1 102試験の難易度は?

では、LPIC-1 102試験の難易度を具体的に見ていきましょう。結論から申し上げれば、難易度はやさしいと言えるでしょう。

問題はLinux入門者向けの難易度

LPIC-1 102試験に出題される問題はLinux入門者向けの難易度になります。つまり、高度なLinuxの知識は要求されません。問われる内容はLinuxの基本操作などLinuxシステムを操作する上で必要な最低限のスキルになりますので、難易度は高くないと言えるでしょう。

受験資格がなく誰でも受験可能

受験資格がないという点も難易度がやさしいと言えるでしょう。LPIC-1 102試験は、誰でも受験できます。例えば、実務経験がない人や何も資格を持っていない人でも挑戦すること可能です。そのため、Linux初心者でも受験して合格を目指すことができるので、難易度が高いとは言えないでしょう。

受験できるチャンスがたくさんある

1年間に1度しか試験が実施されない資格は、合格を狙えるチャンスが1年間に1度しかありませんので、取得難易度は高くなります。一方、LPIC-1 102試験は1年間で何回も受験できます。そのため、合格できるチャンスが多いので難易度が高くないと言えるでしょう。

勉強せずに合格できる難易度ではない!

もちろん、難易度は高いとは言えませんが、勉強せずに合格できる難易度ではありません。LPIC-1 102試験はCBT方式ではありますが、選択肢の中から1個以上正解を選択させる問題も出題されます。選択肢の中から1つだけ選べばいい問題は、勘に頼って正解できる可能性もあるので難易度はやさしいです。しかし、1つ以上選択させる問題は、勘で答えるのは難しく難易度は高くなります。

また、CBT方式ではありますが、LPIC-1 102試験はキーボード入力問題も出題されるので、CBT方式の問題よりも難易度が増します。LPIC-1 102試験の難易度はLPIC資格の中でもやさしいほうですが、簡単に合格できる難易度ではないので、日頃からしっかりと勉強して合格できるように万全に備えておく必要があるでしょう。

LPIC-1はこんな人にオススメ!

LPIC-1の認定はどのような人におすすめなのでしょうか。ここでは、LPIC-1を取得したい人をピックアップしますので、自分が当てはまるなら難易度はやさしいので取得を目指してみてはいかがでしょうか。

ITエンジニアは取得を目指そう

ITエンジニアは取得をおすすめします。すべてのITエンジニアにLinuxの知識が必要というわけではありませんが、サーバーに少し変更を加えなくてはいけない場面やデータベース操作をする機会は少なくありません。ITエンジニアが取得しておけば、得た知識をキャリアに活かせられますし、サーバー側の知識も増やせられたりするのですべてのITエンジニアにおすすめの資格です。

対応できるお仕事の数を増やしたいフリーランス

今までサーバー側を担当してこなかったフリーランスがLPIC-1を取得すれば、サーバー関連のお仕事にも携われるので対応できる案件が増えます。対応案件数が増えれば、収入アップにつなげていくことができるので、メリットを感じられる人もいるのではないでしょうか。

IT技術を指導する人は受験しよう

IT研修インストラクターなど、ITエンジニアを指導する機会が多い人は取得を目指してみてはいかがでしょうか。取得することで、スキルアップができるだけでなく、資格があることで説得力も高められます。そのため、指導する立場の人は取得しておいて損はないでしょう。

LPIC-1に合格したら、次はLPIC-2を目指そう!

LPIC-1の認定を得ることができたら、次はさらに難易度の高いLPIC-2の取得を検討してみてはいかがでしょうか。難易度は高く、LPIC-1よりも数多くの勉強をする必要があります。また、難易度が高いので、不合格になってしまう可能性も高くなるでしょう。

しかし、難易度が高い分、認定を受ければLPIC-1よりもレベルの高いスキルを証明することができます。また、難易度が高いため合格できる人は少なくなるので資格の価値もアップします。認定を受ければ、キャリアに活かせられたり、就職や転職を有利に進められたりするので、メリットを感じられる人もいるのではないでしょうか。

資格を取得したら、腕試しをしてみませんか?

難易度は高くありませんが、LPIC-1 102試験に合格できた人は、自分のLinux操作スキルに自信を持てるようになった方もいるでしょう。もし、自分の操作スキルに自信があるなら、PROsheetLancersTopを利用してお仕事に取り組みながら腕試しをしてみてはいかがでしょうか。

PROsheetLancersTopにはインフラ構築案件など、LPIC-1 102試験合格に必要な知識を活かせられるお仕事が数多く紹介されています。そのような案件に取り組むことができれば、腕試しをすることができるでしょう。

まとめ

LPIC-1 102試験の難易度は高くありませんが、簡単に合格できる試験ではありません。合格するためには、勉強は必須となるでしょう。合格を勝ち取るために、さっそく参考書や問題集を購入して勉強をスタートさせてみてはいかがでしょうか。