合格を目指して!LPIC-2 202試験の勉強方法をご紹介

出典元:ゲッティ・イメージズ・セールス・ジャパン合同会社

LPIC-2 201に合格している人はレベル2の認定を受けるためにも次にLPIC-2 202に挑戦しようと思っている方が多いのではないでしょうか。LPIC-2 202も201同様それなりに難易度が高い試験となっていますので、合格するためには勉強方法が大切となります。ここではこれから受験勉強を始めようと思っている方のために、具体的にオススメの勉強方法を紹介していきたいと思います。

LPIC-2 202とは?

そもそもLPIC-2 202とはどんな試験なのかよくわかっていない方もいるでしょう。初めて受験をする方のためにLPIC-2 202の試験概要について説明します。

試験の概要

LPIC-2 202は、簡単に説明するとネットワークを含むLinuxシステムの構築や運用、管理の専門家であるかどうかを見極めるために行われる資格試験となっています。具体的に合格することができれば、Linuxrシステムの企画や導入、維持、トラブルシューティングに対応できるようになりますし、カーネルからネットワークに関することまで構築、管理、修正ができるようになります。レベル1のような基本的な知識だけではなく、専門的な内容も多く含む試験となっているため、ワンランク上のLinuxエンジニアを目指している方はLPIC-2 202に挑戦してみてはいかがでしょうか。

LPIC-2 202の受験勉強を始めるにあたって、試験の内容について知りたい方も多いのではないでしょうか。出題される内容についても説明しますが、LPIC-2 202ではドメインネームサーバ、ウェブサービス、ファイル共有、ネットワーククライアントの管理、電子メールサービス、システムのセキュリティの6つの内容が出題されます。レベル1に比べてそれほど出題範囲が増えるというわけではありませんが、専門的知識を問う問題が多くなっているので、それなりに勉強をしないと合格は難しいでしょう。

合格率

LPIC-2 202の合格率は公式サイトで発表されていませんが、大体15%~20%台という結果が出ています。ほとんどの受験生が不合格になっている試験なので、参考書や問題集を活用してじっくりと勉強する必要があります。

難易度

合格率から見てもわかるように、LPIC-2 202は難易度が高い試験であることが分かります。特に基礎内容よりも専門的な内容が多く含まれる試験となっているので、内容から把握したい人は参考書から勉強をはじめ、内容をある程度理解できている人は、問題集を使ってひたすら勉強をしましょう。

LPIC-2 202取得にむけた勉強方法の紹介

LPIC-2 202に合格するためには勉強方法が大切です。何から始めたらいいか分からない方のために、ここではおすすめの勉強方法を紹介したいと思います。

スクールを利用する

LPIC-2 202に合格するために、独学で勉強をする方もいますが、何から始めたらいいか分からない方にとっては独学で勉強するのは大変かもしれません。不安だという方は、LPIC-2 202の対策を行っているスクールを利用してみてはいかがでしょうか。実際に公式サイトから認定を受けたスクールなどもあるため、講師から指導をしてもらって効率よく勉強をしたいと思っている方は利用について検討してみてください。

独学の人は教科書を利用するところから始めよう!

独学でLPIC-2 202の勉強を始める方にオススメの対策が、教科書を利用することです。LPIC-2 202は選択問題なので、問題集を中心に勉強すればいいと思っている方も多いでしょう。しかし、いきなり問題集から入ると不正解率も高く、挫折してしまう恐れもあります。分からないまま問題集を解くよりもまずは内容を理解した方がいいので、これから勉強を始める方は教科書の利用から始めてみてください。

問題集の活用

LPIC-2 202の勉強には教科書が必須ですが、問題集も必須です。教科書の内容がある程度理解できるようになったら、問題集をひたすら解きましょう。問題集は公式サイトにいくつか販売されているので、それを利用して高い正解率を出せるようになったら合格基準は超えることができるでしょう。

LPIC-2 202合格までの勉強時間の目安

LPIC-2 202に合格するためにはどのくらいの勉強時間が必要なのでしょうか。勉強時間の目安としては、合格するまでに約30時間~60時間は必要と言われています。人それぞれの能力によって勉強時間は異なりますが、目安を知りたい方は紹介した内容を参考にLPIC-2 202の勉強を始めてみてください。

LPIC-2 202試験におすすめの参考書&問題集

LPIC-2 202に合格するためには何の参考書と問題集を選ぶかも大切です。おすすめのテキストはいくつかありますが、その中でもこれだけはやっておいた方がいいと思うテキストを紹介したいと思います。

Linux教科書 LPICレベル2 Version 4.5対応

LPIC-2 202について初めて勉強をする方に購入してほしいのがLinux教科書です。これさえあればLPIC-2 202の内容を理解することができます。分かりやすく解説されている参考書なので試験勉強にはオススメです。

徹底攻略LPIC Level2 問題集[Version 4.5]差分対応 徹底攻略シリーズ

LPIC-2 202の重要ポイントをしっかりと収録している問題集です。LPIC-2 202の内容について参考書で理解できたら、あとは問題集を使って攻略しましょう。基本的には問題集の内容を完璧にできれば、合格できる確率は高いと言われています。

LPIC-2に合格したら、次はLPIC-3を目指そう!

LPIC-2 202と201に合格することができたら、無事にレベル2の認定を貰うことができます。レベル2だけでもLinuxについてのスキルを身につけることができるので、転職に役立ったりしますが、レベル2まで取得したら最難関とも言われているレベル3まで挑戦することをオススメします。

資格を取得したら、腕試しをしてみませんか?

LPIC-2 202は難易度も高く合格までにはそれなりに時間をかけて勉強をしなければなりません。合格までに苦労する試験ではありますが、合格ができれば実務にもチャレンジできるなど幅広く活躍ができます。実際に腕試しをしたいと思っている方も多いと思いますが、腕試しをしたいときにオススメなのが、PROsheetLancersTopです。二つのサービスは比較的簡単に案件を見つけられますし、難易度も低いものから高いものまで幅広く揃えられています。スキルを磨くこともできるので、腕試しをしたい人たちはPROsheetLancersTopを利用してみてください。

まとめ

今回はLPIC-2 202に合格するための勉強方法を紹介しましたが、勉強方法が分かれば効率よく対策ができるので、分からない方は説明した内容を参考に学習を進めてみてください。