XMLマスタープロフェッショナル(データベース)にオススメの参考書をご紹介!

出典元:ゲッティ・イメージズ・セールス・ジャパン合同会社

XMLマスタープロフェッショナルデータベース試験の対策に参考書を活用しようと考えている方もいるのではないでしょうか。参考書を使うことで、XMLマスタープロフェッショナルデータベース試験合格に必要な知識を体系的に学習できます。今回はXMLマスタープロフェッショナルデータベース試験対策におすすめの参考書をピックアップしますので、まだ準備できてない人はチェックしてみて下さい。

XMLマスタープロフェッショナル(データベース)試験の特徴

勉強に活用できる参考書をご紹介する前に、まずはXMLマスタープロフェッショナルデータベース試験の特徴をご説明します。

合格基準の得点率が高いこと

特徴のひとつとして挙げられるのが合格基準です。XMLマスタープロフェッショナルデータベース試験に合格するためには、最低でも得点率80%以上を獲得する必要があります。80%という得点率は比較的高いので、特徴と言えるでしょう。

資格の有効期限がない

そのほかの特徴としては、XMLマスタープロフェッショナルデータベースの資格は失効しないことです。つまり、取得することができれば、有効な資格として生涯保持することができます。失効して無効な資格となり、再び取り直す必要がないので、魅力を感じる人も少なくないでしょう。

XMLマスタープロフェッショナル(データベース)に合格するために必要な勉強時間の目安

参考書の種類が気になる人の中には、XMLマスタープロフェッショナルデータベース合格にはどのぐらいの勉強時間が必要なのか知りたい方もいるでしょう。実務経験3年以上のエンジニアを想定した場合、大体3ヶ月以上の勉強期間が必要です。実務経験がない人の場合、合格には6ヶ月以上学習しなければならないと言われています。ちなみに、XMLマスタープロフェッショナルデータベース試験を受験するためには、ベーシックを取得しなければならないので、初学者は受験することができません。

XMLマスタープロフェッショナル(データベース)試験合格に役立つ参考書&問題集

XMLマスタープロフェッショナルデータベース試験に活用できる参考書は多くはありませんが、おすすめの参考書をご紹介していきます。

XMLマスター教科書 プロフェッショナル(データベース)

受験生から緑本と呼ばれている参考書で、数多くの受験生が本書を使って基礎知識を習得します。また、本書はXMLマスタープロフェッショナルデータベース試験を主催するXML技術者育成推進委員会が監修している参考書なので、公式の参考書となっている点も多くの受験生から選ばれる理由となっています。

参考書の中で具体例などを用いて、できるだけ理解できるように講義してくれます。また、掲載されている問題も出題傾向に合っているので、1冊である程度の対策ができる参考書となっています。

徹底攻略 XMLマスター:プロフェッショナル(データベース)問題集[110-003]対応 (ITプロ/ITエンジニアのための徹底攻略)

参考書と一緒に購入しておきたい書籍として、本書を挙げることができます。本書はXMLマスタープロフェッショナルデータベース試験の受験生から黒本と呼ばれる問題集です。参考書として知られる緑本と同様に、黒本は多くの受験生から支持されています。

本書は過去のXMLマスタープロフェッショナルデータベース試験の出題傾向を分析して問題を掲載してくれるので、効率的に対策ができるようになっています。また、問題だけでなく、詳しく的確な解説も掲載されています。万が一、解説を読んでもわからない時は参考書に立ち返り、必ず内容を理解して解けるようにしておきましょう。

XMLデスクトップリファレンス 第2版

リファレンス本として活用できる参考書を購入したい人は本書をおすすめします。XMLマスタープロフェッショナルデータベース試験を受験する人の中には、パソコンを使って実際に手を動かし、学習をしていきたいと考える人もいるでしょう。実際に手を動かして学習する際、リファレンス本があればすぐにわからないことを調べられるので便利です。そのため、手を動かして勉強する人は、リファレンス本として使える本書のような参考書を1冊準備しておくことをおすすめします。

XMLマスタープロフェッショナル(データベース)はこんな人にオススメ!

参考書を準備して勉強をはじめようか迷われている方もいるのではないでしょうか。XMLマスタープロフェッショナルデータベースは簡単に取得できる資格ではないので、ある程度まとまった勉強時間を確保する必要があります。また、データベースのあらゆる知識を習得することも求められるでしょう。

XMLマスタープロフェッショナルデータベース試験合格にはある程度の負担を覚悟する必要がありますが、受験をおすすめできる人はたくさんいます。ここでは、XMLマスタープロフェッショナルデータベース試験を受験したほうがいい人をピックアップするので、当てはまる方はさっそく参考書を準備して対策をしてみてはいかがでしょうか。

データベースエンジニアは取得を目指そう!

データベースエンジニアは参考書を準備してXMLマスタープロフェッショナルデータベース試験に挑戦することをおすすめします。XMLマスタープロフェッショナルデータベース試験で問われる内容はデータベースエンジニアが実務の中で活かせられるものばかりです。そのため、取得すればキャリアアップに活かせられたり、スキルアップを目指せたりするでしょう。

プログラマも取得を目指そう

サーバーサイドに携わらないプログラマも取得しておいて損はない資格のひとつです。実際にアプリケーション開発の際、データベースに接続したり、XMLデータ取得を要求したりするプログラムを書く機会は少なくありません。XMLマスタープロフェッショナルデータベース試験に挑戦すれば、データベースの知識が身に付けられるので、業務中でXMLマスタープロフェッショナルデータベース取得に必要な知識を活かせられるでしょう。

資格を取得したら、腕試しをしてみませんか?

XMLマスタープロフェッショナルデータベース試験に合格することができたら、スキルの腕試しをして自分の実力を把握してみてはいかがでしょうか。腕試しをしたい人には、お仕事の中でスキル試しができるPROsheetLancersTopの利用をおすすめします。

PROsheetLancersTopで腕試しをすることで、自分の実力を客観的に知ることができるだけでなく、報酬を得たり、お仕事仲間の輪を広げられたりします。また、最終的にフリーランスに転身できる人もいるので、腕試しだけでなくフリーランス転身を目指す人にもおすすめのサービスです。

まとめ

XMLマスタープロフェッショナルデータベース試験対策ができる参考書は多くありませんので、基本的には緑本と呼ばれる参考書と黒本と言われる問題集を使うことになります。参考書は書店やインターネットでも購入できるので、さっそく参考書を購入してXMLマスタープロフェッショナルデータベース試験合格のために、知識を習得してみてはいかがでしょうか。