転職時におけるディジタル技術検定1級情報部門の評価は?

出典元:ゲッティ・イメージズ・セールス・ジャパン合同会社

転職を検討している方の中には、成功させるために資格の取得について考えている方も多いのではないでしょうか。資格は種類によっても異なりますが、転職時に大きな活躍をしてくれる可能性もあります。

取得する資格は目的によっても異なりますが、将来的に制御工学や情報処理の職業に就きたいと思っている方はディジタル技術検定に挑戦しようと思っている方が多いのではないでしょうか。今回はディジタル技術検定の中でも、最も難易度が高いと言われているディジタル技術検定1級情報部門が転職に役立つかどうかについて紹介していきたいと思います。ディジタル技術検定1級情報部門を取得して転職を成功させたいと思っている方は参考にしてください。

ディジタル技術検定試験1級情報部門とは?

ディジタル技術検定1級には情報部門と制御部門の2種類の試験が存在しています。その中でも情報部門は情報処理理論、情報通信理論、プログラミング方法論の3つの知識をよく理解し、情報処理システムの構成法試験、運用法についてよく修得している共に、実務の指導ができる人を対象に行われている試験です。対象者を見てもわかるように、難易度は高い試験となっています。

ディジタル技術検定の2級までは、筆記試験で選択問題のみとなっていましたが、ディジタル技術検定1級情報部門からは筆記試験の中でも記述式となっています。しっかりと考えて答えられる力がないと合格基準を超えるのは難しくなるため、事前にしっかりと対策する必要があります。

ディジタル技術検定1級情報部門には、受験資格が存在しておりません。難易度は高いですが、興味がある方なら誰でも受験することが可能です。将来的にディジタル技術が活用できる職場に転職をしたいと思っている方は、ディジタル技術検定1級情報部門の受験を検討されてみてはいかがでしょうか。

ディジタル技術検定試験1級情報部門の難易度

ディジタル技術検定1級情報部門を受験するにあたって、どのくらい難易度が高いのか気になっている方もいるのではないでしょうか。ディジタル技術検定の中でも1級は最上級となっているため、簡単には合格できない試験と言えます。実際に合格率を見てもわかりますが、累計で18%の受験生しか合格していません。ディジタル技術検定1級情報部門に合格するためには、じっくりと対策をする必要があります。

ディジタル技術検定試験1級情報部門を取得するメリット

ディジタル技術検定1級情報部門は難易度も高く、合格するまでには相当な対策が必要と言われています。難しい試験となっていますが、合格をすることができたらどのようなメリットがあるのでしょうか。ここではディジタル技術検定1級情報部門を取得するメリットについて紹介したいと思います。

スキルを証明することができる

転職を成功させるためには、自分にどのようなスキルがあるか証明することが一番手っ取り早い方法になります。スキルを証明する方法はいくつかありますが、その中でも資格は合格証明書などがあるため、転職の面接の際にディジタル技術のスキルがあることを簡単に証明できます。スキルを証明することができれば、転職の際に評価が上がる可能性もありますし、転職してからも部下への指導ができるなどメリットはたくさんあります。取得をして損はしないので、ディジタル技術について勉強したい人は取得について検討してみてはいかがでしょうか。

収入を上げることができる

転職をして資格があれば必ずしも収入が上がるわけではありませんが、ディジタル技術検定1級情報部門は難易度も高く、簡単に取得できる資格ではないため、資格手当などを出してくれる企業もたくさんあります。資格手当があれば毎月の給料を上げることができるので、少しでも収入アップしたいと思っている方にはオススメです。転職して収入アップを目指したい人は、ディジタル技術検定1級情報部門に挑戦してみてください。

出世をしたい人にもオススメ

ディジタル技術検定1級情報部門の取得は、出世をしたい人にもおすすめの資格試験となっています。合格率は先ほど説明しましたが、累計で18%です。ほとんどの方が不合格という結果になっており、資格を持っている人はごくわずかです。その中の一人に入ることができれば、転職先の評価も高くなる可能性はあります。評価が上がれば出世などのチャンスも広がるため、出世をしたい人にはオススメの資格となっています。

気になる転職時における評価は?

ディジタル技術検定1級情報部門の取得は、転職を成功させるために挑戦するという方も多いのではないでしょうか。資格取得は転職を成功させるために行う方も多いですが、ディジタル技術検定1級情報部門に関しては特に転職時に役立つ可能性が高い資格となっています。転職時における評価も高くなっているため、ディジタル技術が必要な会社に転職をしたいと思っている方は、ディジタル技術検定1級情報部門に挑戦してみてください。

資格を取得したらフリーランスとして活躍するのも一つの手!

ディジタル技術検定1級情報部門の資格を取得することができたら、転職活動を行うという方も多いのではないでしょうか。確かに、転職には役立つ資格となっていますし、転職をして企業に勤めれば安定を手にすることもできるでしょう。しかし、ディジタル技術検定1級情報部門に合格していれば、専門的知識を持っているということになるので、フリーランスとしても活躍することが可能です。実際にここ最近では、PROsheetLancersTopというサービスが登場しており、案件を比較的簡単に見つけることができるので、転職ではなくフリーランスとして活動を始める方も増えています。ディジタル技術検定1級情報部門に挑戦した方の中には、本当は転職ではなく、フリーランスとして新たにスタートしたいと考えている方もいるのではないでしょうか。ディジタル技術検定1級情報部門に合格していれば、チャンスは大きく広がるので、興味がある方はフリーランスとして腕試しをしてみてください。

まとめ

今回はディジタル技術検定1級情報部門が転職に役立つかどうかについて説明をしましたが、転職時における評価は高いですし、転職以外にもフリーランスとして活躍ができる資格です。魅力的な資格となっているので、将来的に情報処理の仕事に就きたいと思っている方は取得について検討してみてはいかがでしょうか。