転職で有利になる?ドットコムマスターアドバンスの評価は?

出典元:ゲッティ・イメージズ・セールス・ジャパン合同会社

ICTスキルが求められるお仕事へ転職したいと考える人の中には、ドットコムマスターアドバンスの取得を検討されている方もいるのではないでしょうか。転職を目的にドットコムマスターアドバンス取得を検討されている人が気になることとして、ドットコムマスターアドバンスの転職時の評価を挙げることができます。そこで、今回はドットコムマスターアドバンスを取得すれば転職時に企業からどのぐらいの評価を得られるのか解説しますので、ICT業界へ転職するために取得を検討している人は参考にして下さい。

ドットコムマスターアドバンスとは?

ICT業界への転職を成功させるために、ドットコムマスターアドバンスの受験を考えている人の中には、まだ概要を把握していない方もいるのではないでしょうか。ドットコムマスターアドバンスとは、企業や組織で活かせられる実践的なICTスキルを問うための試験で、NTTコミュニケーションズによって毎年実施されています。

認定資格

ドットコムマスターアドバンスでは、得点率に応じてシングルスターもしくはダブルスターの認定を行っています。もしシングルスターを取得することができれば、ICTを適切に利用できるスキル、ほかの人に指導ができる技術力が認定されます。ダブルスターに認定されれば、組織などでICTを利用する仕組みを構築するためのスキル、それを管理できる技術力が証明されます。

検定日

ドットコムマスターアドバンスはテストセンターで受験ができます。随時受験可能なため、自分で検定日を決めることができます。全国47都道府県で実施されているので、お住まいに関係なく多くの転職希望者が受験できるでしょう。

合格発表日

合格発表日は検定日当日です。ドットコムマスターアドバンスでは、試験終了直後に合否を知ることができます。

検定時間

検定時間は80分です。

出題数

出題数はシングルスター、ダブルスター合わせて70問となっています。

合格基準

シングルスターの認定を受けるためには、700点満点中420点以上獲得する必要があります。また、ダブルスターの場合は1000点満点中700点以上得点しなければなりません。

ドットコムマスターアドバンスを取得するメリット

転職時の評価の前に、ドットコムマスターアドバンスを取得するメリットをご紹介します。

最新で実践的なICTスキルが身に付く

まず1つ目のメリットは、最新で実践的なICTスキルを習得できることです。ドットコムマスターアドバンスでは、スマートフォンやタブレット端末、クラウドやSNSなど最新のICTスキルを試験内容に反映させています。また、これらのICT技術は最新かつ実践的なため、ドットコムマスターアドバンスを取得することで最新で実践的なICTスキルが身に付けられます。

ICTスキルを体系的に学べる

2つ目のメリットは、ICT技術を体系的に学べる点です。もし、ドットコムマスターアドバンスを取得すれば、インターネット活用に関する知識だけでなく、パソコンやサーバー、セキュリティなど幅広いICTスキルを習得できます。

ベンダーフリーの知識を身に付けられる

ドットコムマスターアドバンスはベンダーフリーの試験です。つまり、ある特定製品の知識に偏ることなく、フラットで幅広いICT知識を習得できます。

気になる転職時における評価は?

では、さっそくドットコムマスターアドバンスの転職時の評価をご説明していきます。

ICT業界の企業から一定の評価を得られる

ドットコムマスターアドバンスを取得すれば、ICT業界への企業に転職活動する場合、一定の評価を得ることができるでしょう。ドットコムマスターアドバンスは専門的なICTスキルを試す試験なので、合格できた人はレベルの高いICTスキルを証明できます。そのため、技術力の高い人材を求める企業へ転職活動をする場合、転職を有利に進められる可能性があるでしょう。

転職活動時に企業から合格できた努力を評価してもらえる

基本的に、ドットコムマスターアドバンス取得にはある程度の努力が必要です。例えば、社会人の人は会社が終わった後に勉強時間を作って勉強に励まなければなりません。また、休日も休むのではなく、ドットコムマスターアドバンス対策をしなければならないでしょう。取得には努力が必要なので、転職時にその努力を評価してくれる企業もあるでしょう。

また、資格を取得できれば、履歴書の資格欄に資格を記入することができます。そのため、無資格の人よりも転職を有利に進められる可能性があるでしょう。

資格を取得したらフリーランスとして活躍するのも一つの手!

会社に転職を希望する人も多いですが、ドットコムマスターアドバンスを取得できた人の中には、転職ではなくフリーランスへの転身を検討している方もいるのではないでしょうか。現在では、働き方が昔とは変化しており、クラウド上でお仕事ができるので、フリーランスとして活動する人も増えています。転職ではなく、フリーランスに転身する人はPROsheetLancersTopの利用をおすすめします。

転職して会社員として働く人に比べ、フリーランスは自分で仕事を選ぶことができたり、働く時間を自分で決められたりするというメリットがあります。しかし、会社員とは違い、お仕事は自分で営業して獲得しなければなりません。PROsheetLancersTopを利用すれば、案件を紹介してくれるので、営業の負担を大幅に削減することができます。そのため、PROsheetLancersTopを利用すれば、フリーランスとして活動しやすくなるでしょう。

まとめ

ドットコムマスターアドバンスに合格するためには、レベルの高い情報通信技術が求められるので、取得すれば転職時に一定の評価を得ることができるでしょう。しかし、転職希望者を資格だけで判断する企業は少ないです。そのため、ドットコムマスターアドバンスを取得したら必ず転職を成功させられると考えるのは控えるようにしましょう。