合格を目指して!XMLマスターベーシックの勉強方法をご紹介

出典元:ゲッティ・イメージズ・セールス・ジャパン合同会社

XMLマスターベーシックを受験する人が勉強方法を知ることで、効率的に対策が進められるようになるでしょう。対策の効率化を図ることができれば、勉強の負担を和らげられるので、受験生にメリットがあります。今回は、XMLマスターベーシックにおすすめの勉強方法をご紹介しますので、これから勉強をスタートさせる人はチェックして下さい。

XMLマスターベーシック試験とは?

XMLマスターベーシックとは、XML技術者育成推進委員会が主催し、XMLやその関連技術の基礎を測る試験です。合格することで、基礎的なXML技術があることを認定してもらうことができます。

試験の概要

XMLマスターベーシックの出題範囲は、XMLの概要やDTD、名前空間など幅広い分野が対象です。試験時間は60分で、出題数は50問となっています。70%以上得点することで、認定を得ることができます。

合格率

XMLマスターベーシックの合格率は、主催者であるXML技術者育成推進委員会によって公表されていません。しかし、合格率は60%程度と推定されています。

難易度

XMLマスターベーシックはやさしい試験であると言われています。難易度偏差値は44と推定されており、多くの人が合格できる試験であることが理解できるでしょう。また、合格率も60%前後と言われており、合格率からもやさしい難易度であることがわかります。

XMLマスターベーシック取得にむけた勉強方法の紹介

XMLマスターベーシックにおすすめの勉強方法は、独学で緑本と黒本を使って勉強することです。では、どのように勉強していけばいいのか詳しくご説明していきます。

緑本で勉強をスタートしよう

XMLマスターベーシック公式の教科書は緑本と言われています。実務経験者であれば、すでに知識があるので、問題集から勉強することもできますが、初学者は何も知識がない状態から勉強をスタートさせることになるので、まずは知識を習得するために緑本から勉強をスタートさせる人が多いです。

緑本は複数回読むことをおすすめします。何回も読むことで、緑本に書かれている内容を記憶に定着させやすくなるでしょう。

黒本で勉強してしっかりと問題に慣れよう

XMLマスターベーシックの勉強には、緑本だけでなく黒本を使うことをおすすめします。黒本は問題集のことで、黒本を使って勉強すればXMLマスターベーシックに出題されやすい問題を解くことができます。黒本で勉強することで問題に慣れることができたり、知識をアウトプットさせられたりするので、効率的に対策を行うことができるでしょう。

しかし、何も知識がない状態から黒本に取り組むと、答えられる問題が少なくモチベーションの低下に繋がってしまう可能性があります。そのため、できるだけ緑本で知識を習得してから黒本で問題を解くことをおすすめします。

XMLマスターベーシック合格までの勉強時間の目安

XMLマスターベーシック合格までに必要な勉強時間の目安は、約2週間程度と言われています。この勉強時間の目安は、XMLの知識が若干ある人を想定しています。そのため、初学者には十分な勉強時間ではありませんので注意が必要です。

また、それぞれの受験生で勉強をスタートさせる時点の知識レベルは異なるはずです。そのため、勉強時間の目安はあくまでも目安と考え、自分に必要な勉強時間をあらかじめ把握しておくことをおすすめします。

XMLマスターベーシック試験におすすめの参考書&問題集

XMLマスターベーシックの勉強に、参考書や問題集を活用する方もいるでしょう。XMLマスターベーシックの勉強におすすめのものをご紹介しますので、まだ準備していない人は購入してみてはいかがでしょうか。

XMLマスター教科書 ベーシックV2

本書は緑本と呼ばれ、人気講師によって執筆されており、XML技術者育成推進委員会によっても監修されているので、公式の教科書として有名です。本書はXMLマスターベーシック合格に必要な知識を網羅しており、ここに書かれた内容を習得できれば合格できるようになっています。試験範囲がしっかりと網羅され、さらに公式の参考書となっているので、受験するすべての人におすすめできる参考書です。

徹底攻略XMLマスター ベーシック問題集 V2試験対応 (ITプロ/ITエンジニアのための徹底攻略)

XMLマスターベーシックの問題集として有名で、黒本と呼ばれています。XMLマスターベーシック試験を徹底分析し、問題を厳選して収録してくれるので、効率的に勉強ができるようになっています。問題に取り組んでからXMLマスターベーシック試験本番を迎えたいと考える受験生は多いので、ぜひ準備しておくことをおすすめします。

ベーシックに合格したら、次はプロフェッショナルを目指そう!

XMLマスターベーシックはXMLの基礎的な技術力を問うための試験です。そのため、XMLマスターベーシックに合格したとしても、高いXMLの技術力を証明することはできないでしょう。そのため、もしXMLマスターベーシックに合格したら、さらに高度な技術力の証明を行いたいと考えている方もいるのではないでしょうか。

高度な技術力を証明したいなら、プロフェッショナル取得をおすすめします。プロフェッショナルは応用力を試す試験になるので、合格することができれば、高い技術力を証明できます。また、プロフェッショナルに挑戦することで、ITエンジニアとしてのさらなる成長も見込めるので、今後もITエンジニアとして活躍していきたい人は取得することをおすすめします。

資格を取得したら、腕試しをしてみませんか?

XMLマスターベーシックに合格できたら、技術力の腕試しをしてみてはいかがでしょうか。技術力の腕試しをする際にはPROsheetLancersTopの利用をおすすめします。

腕試しをする際にPROsheetLancersTopをおすすめできる理由は、お仕事の中で腕試しができるからです。お仕事の中で腕試しができれば、報酬も獲得できますし、人との繋がりも増やせられるので、メリットを感じられる人は少なくないでしょう。

また、PROsheetLancersTopが扱う案件はIT系のお仕事が多いです。そのため、XMLマスターベーシック合格者が受注しやすい案件も多数紹介されているので、XMLマスターベーシック合格者が腕試しをする際に利用しやすいでしょう。

まとめ

XMLマスターベーシックは勉強をすれば初学者でも合格を勝ち取れる試験です。これからさっそく参考書や問題集を準備して、勉強に取り掛かってみてはいかがでしょうか。