XMLマスターベーシックにオススメの参考書をご紹介!

出典元:ゲッティ・イメージズ・セールス・ジャパン合同会社

XMLマスターベーシックにおすすめの参考書を把握してから、勉強をスタートさせたいと思われる方もいるのではないでしょうか。今回は、XMLマスターベーシックにおすすめの参考書をご紹介しますので、どのような参考書があるか知りたい人はチェックして下さい。

XMLマスターベーシック試験の特徴

XMLマスターベーシックにおすすめの参考書をピックアップする前に、まずはXMLマスターベーシックの特徴をご紹介します。

XMLマスターベーシックは基礎力を試す試験

XMLマスターベーシックの特徴は、XMLの基礎力が試されることです。出題される問題はXML及びそれに関連する技術力の基礎的な問題が中心です。つまり、応用技術は問われませんので、基礎をマスターしていれば合格することができます。

70%以上得点すれば合格できる

XMLマスターベーシックのそのほかの特徴は、70%以上得点できれば合格できる点です。XMLマスターベーシックは合格基準が70%以上得点することとなっています。そのため、100点ではなく、70点以上獲得することを目指して勉強することをおすすめします。

XMLマスターは失効しない資格

XMLマスターベーシックに限ったことではありませんが、失効しない資格であるという点も特徴と言えるでしょう。失効しないので、失効期限を迎えたら、資格を取り直す必要もありません。そのため、1回取得してしまえば、長い間有効な資格として就職活動やキャリアに活かすことができるでしょう。

XMLマスターベーシックに合格するために必要な勉強時間の目安

若干知識がある人と想定した場合、XMLマスターベーシック合格に必要な勉強時間の目安は約2週間程度と言われています。そのため、受験をする人は2週間以上勉強時間を確保したほうがいいでしょう。

また、初学者の場合、知識がまったくない状態から勉強をはじめることになるので、2週間で合格することは難しいです。そのため、多くの勉強時間を確保してゆとりを持って勉強していくことをおすすめします。

XMLマスターベーシック試験合格に役立つ参考書&問題集

さっそく、XMLマスターベーシックの勉強におすすめの参考書と問題集をピックアップしていきます。できるだけおすすめの参考書をご紹介しますので、自分に合った参考書を選んで購入するようにしましょう。

XMLマスター教科書 ベーシックV2

本書は試験を主催するXML技術者育成推進委員会が監修する参考書で緑本とも言われ、多くの受験生に選ばれている参考書となっています。試験範囲が完全に網羅されているので、しっかりと勉強すれば合格できるようになっています。そのため、すべての受験生におすすめできる参考書です。

完全合格 XMLマスターベーシック試験対策テキスト&模擬問題集

本書は講義と問題集が1冊にまとめられた参考書です。問題集が収録されているため、問題集対策もできる参考書となっています。また、基礎だけでなく応用力も養えるように参考書の内容が工夫されているので、ベーシックではなく今後プロフェショナル合格を目指していきたい人にもおすすめできる参考書です。

XML技術者認定試験 XMLマスターラーニングブック ベーシック編

本書は、丁寧な解説だけでなく、試験のポイントもわかる参考書となっています。また、参考書の中には模擬問題も掲載されているので、問題集対策もできる参考書なので受験生におすすめです。

徹底攻略XMLマスター ベーシック問題集 V2試験対応 (ITプロ/ITエンジニアのための徹底攻略)

参考書と一緒に購入をおすすめしたいのが本書です。本書は黒本とも言われ、多くの受験生に支持されている問題集です。解説が収録されていますが、解説を読んでも理解できない問題に遭遇することもあるでしょう。そのような時は緑本などの参考書で知識を補うようにしましょう。

XMLマスターベーシックはこんな人にオススメ!

XMLマスターベーシック受験をおすすめできる人はたくさんいます。ここでは、受験しておきたい人をご紹介するので、当てはまる人はXMLマスターベーシック対策ができる参考書の購入をおすすめします。

ITエンジニアとしての技術力を向上させたい人

XMLマスターベーシックを取得すればITエンジニアとしての技術力を高められるので、参考書を購入して対策をスタートさせてみてはいかがでしょうか。XMLマスターベーシック取得を目指せば、XMLの知識を身に付けられます。そのため、XMLの知識がない時よりも知識レベルが高くなるので、同時にITエンジニアとしての技術力も向上させられるでしょう。

フリーランスは取得しよう

XMLマスターベーシックをフリーランスが取得すれば、技術力をクライアントに証明しやすくなるので、フリーランスは参考書で勉強して取得することをおすすめします。技術力が証明できれば、受注できる案件が増えたり、受注件数も増加したりする可能性があります。そのため、フリーランスにもメリットがあると言えるでしょう。

ベーシックに合格したら、次はプロフェッショナルを目指そう!

XMLマスターベーシックは難易度がやさしく、合格できる人は多くいるでしょう。もし、合格できたら、さらに高度な技術力を証明できるプロフェッショナルへの挑戦を検討してみてはいかがでしょうか。プロフェッショナルに合格できれば、XMLの高度な技術力が証明されるので、XMLマスターベーシックよりもキャリアに活かしやすくなります。

プロフェッショナルに関しても参考書などが販売されており、XMLマスターベーシック同様に学習環境は整えやすいです。XMLマスターベーシックに合格できた人は、さっそくプロフェッショナル対策ができる参考書の購入をしてみてはいかがでしょうか。

資格を取得したら、腕試しをしてみませんか?

参考書で対策をして無事に合格できたら、PROsheetLancersTopで腕試しをしてみてはいかがでしょうか。PROsheetLancersTopはフリーランスに案件を紹介するサービスを行っています。PROsheetLancersTopが扱う案件は特にITエンジニア向けのものが多く、XMLマスターベーシック合格者が腕試しをする際にPROsheetLancersTopは利用しやすいのではないでしょうか。

まとめ

XMLマスターベーシック対策ができる参考書は複数ありますので、できるだけ中身を見て自分に合った参考書を選ぶことをおすすめします。参考書を購入できたら、さっそく勉強に取り掛かり、XMLマスターベーシック対策をしていきましょう。