ROSセミナー
0

「ROS(Robot Operating System)セミナー基礎編」レポート!

 
「好きで活きて得意で稼ぐ」PROsheetブログ担当のたぐちです。

さて、今回は、先日11月28日、弊社の運営するコワーキングスペース「Lightningspot」にて開催されました一般社団法人東京オープンソースロボティクス協会主催の「ROSセミナー基礎編」の模様をお届けします!

ROSってなに?

ROS

ROS とは、Robot Operating Systemの略で、米Willow Garageが開発し、Open Source Robotics Foundation(OSRF)が維持・管理しているミドルウエアです。

ROSは欧米を中心に急速に拡大しつつあるロボットのオープンソースウェアです。
ROSがこれまで日本であまり広まらなかったのは、英語の情報がほとんどだったことが大きいといわれております。今回、ROSのセミナーを開催することで、Web開発者にもっと身近にロボット開発を身近に感じてもらい、また、欧米でもメジャーになりつつあるROSを勉強することでグローバルに活躍できる可能性を広げます。

ではさっそく始めましょう!

今回はLeapMotion(手のジェスチャーによってコンピュータを操作ができるデバイス)を使ってサーボモーターを操作するという基礎的な内容。

ROS

LeapMotionの他に、左から
USB2Dynamixel(PCでモーターを直接制御することができる装置)
SMPS2Dynamixel (モーターに電源を供給する装置)
Dynamixel AX-12A (サーボモーター)

などを用意します。

今回のセミナーはPROsheetユーザーを対象にメールマガジンで参加を呼びかけたところ、平日昼間開催にも関わらずすぐに定員に達し、しかも欠席者0。注目の高さが伺えます。

一般社団法人東京オープンソースロボティクス協会
今回講師をしていただいた、一般社団法人東京オープンソースロボティクス協会の代表理事、安田恒氏。

ROSセミナー

皆さん凄く真剣です。

ROSセミナー

プログラムはこんな感じ。
弊社CTO大野曰く、簡単なコードで動かすことができるそうです。

ROSセミナー

シミュレーションアプリの様子。実際のロボットだとこんな感じで動くんですね。
実際どのようにサーボモーターが動くのかは、下記の動画でご覧頂けます。

終了後、参加者の山本さんに感想を伺いました。

ROSセミナー

本日はいかがでしたか?
「普段Webしかやってないんで、こういう世界があるのかと新しい発見でした。」

今後やりたいことに活かす予定は?
「すぐにというワケではないですが、サーボモーターを動かしてみたりとかカメラを使ってちょっとしたものは作れるのかなと感じはしましたね。」

今後このセミナーがキッカケで面白いものができたら嬉しいですね。

では、最後に講師、参加者の皆様で記念撮影!

ROSセミナー

ご参加ありがとうございました!

PROsheetでは今後も同様のセミナーを開催予定です。
ユーザー様を優先にご案内しておりますので、興味のあるエンジニアの皆さん、ぜひこの機会にPROsheetへご登録を!

ではでは。

PROsheet

たぐちゆうき

たぐちゆうき

PROsheet ブログのメインライター。 エンジニアの皆さんの「好きで活きて得意で稼ぐ」を応援します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です